ヒット・お笑い分析

より面白く見れる!ヒット商品・お笑い全体のレベルアップ!

M1決勝ネタ分析「ウエストランド」

先日のM1決勝のネタ分析の続きです。
今回は、ウエストランドのネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、ウエストランドのネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


ウエストランド

漫才スタイル:主張漫才

出だし
大きい声であいさつ

--ネタ開始--

フリ:マッチングアプリを使って不倫したい。

ボケ1:マッチングアプリに詳しい。

ボケ2:かわいくて性格がいい子はこの世にいない

ボケ3:間を置いての「いないよ」

ボケ4:背が低いのに性格が悪い

ボケ5:女子のギャップ好きへの偏見

ボケ6:僕はぷよぷよですかねというシュールなボケ

ボケ7:ベンチから退場になった人好きを探せ

ボケ8:仲良しコント師・悪口漫才師

ボケ9:自覚があっても自我があるから

ボケ10:自覚、自我自我自我

ボケ11:無作為に傷つけるお笑い

ボケ12:お笑いは復讐だよ

ボケ13:間を置いての「復讐だよ」

ボケ14:邪魔をするようなボケ

ボケ15:最悪のギャップ

--ネタ終了--


分析:
全体的に、主張なのかボケなのかというようなシュールさが目立つ漫才であった。シュールなもののため、M1においての大衆受けは難しかったのかもしれない。また、現役の他の芸人の人が考察を言っていたように、主張なら主張に振り切ったほうが良かったのだろう。

 

会場の
大きい笑いの回数:9
中の笑いの回数:14
小さい笑いの回数:7
笑いの量合計:3
最大瞬間風速:仲良しコント師・悪口漫才師
声の大きさ:4
M1審査員の点数:622

 

 

お笑い分析 上級 (ヤマシタブックス)