ヒット・お笑い分析

より面白く見れる!ヒット商品・お笑い全体のレベルアップ!

M1決勝ネタ分析「アキナ」

 

先日のM1決勝の全ネタ分析の続きです。
今回は、アキナのネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、アキナのネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


アキナ

漫才スタイル:キョウコちゃん好き漫才

出だし
盛り上げるための拍手

--ネタ開始--

フリ:地元の同級生の女の子(キョウコちゃん)が単独ライブに来る

ボケ1:必死に同級生が来るのがめんどくさいアピール

(「好きなん?」というツッコミ)

ボケ2:既婚者の相方を懸命に怒るという必死な態度

ボケ3:好きな子を前にして過剰に格好つけた態度

ボケ4:変なイキり

ボケ5:漫才中に女の子に視線を極端に向けるしぐさ

ボケ6:わざと面白くないボケ

ボケ7:カッコつけて怒り、とぼとぼあともう少し練習しようと言う

--ネタ終了--


分析:
ちょっとタイミング等を間違えたのだろうか、、、ネタが若干うまく行っていなかったように見えた。はっきり言ってスベっていた。ツッコミの人の言葉の「好きなん?」というワードがタイミング的に入ってこなかった人も多かったのかもしれない。言葉が入ってこないと、面白いことが認知できないため、当然ながら笑えないとなってしまう。次回以降に期待したい。


会場の
大きい笑いの回数:6
中の笑いの回数:10
小さい笑いの回数:7
笑いの量合計:2
最大瞬間風速:好きな子を前にして過剰に格好つけた態度
声の大きさ:3
M1審査員の点数:622

 

M1決勝ネタ分析「オズワルド」

先日のM1決勝の全ネタ分析の続きです。
今回は、オズワルドのネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、オズワルドのネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


オズワルド

漫才スタイル:畠中改名漫才

出だし
二人の名前を紹介

    • ネタ開始--

フリ:畠中という名前を改名したい。

ボケ1:は・た・な・か はすべて母音が「あ」のため口に物が入ってしまう。

ボケ2:畠中には稲荷ずしくらいなら入ってしまう。

ボケ3:相方は畠中と多く言っているため、いくつかのすしが入ってしまう。

ツッコミ:(あまり高級でない寿司が口に入れられることに対して)「俺の口の中に雑魚寿司を入れるな」

ボケ4:次は「山川」にしようと思う。(母音がこれも全部あ段)

(全部あ段じゃねえかボケ乳首というツッコミ)

ボケ5:山川の”ま”のセキュリティ

ボケ6:やまままかまわま

ボケ7:わまたましまはまやまままかまわま

ボケ8:だまままれまひまげま

(激キモ通訳成立)

ボケ9:はまやまくまかまえまれま

(激キモ通訳強調)

ボケ10:ひてぃにき

ボケ11:ボケ乳首の意味を尋ねる

ボケ12:ひてぃにきベスト説

ボケ13:伊藤と「ひてぃにき」にしたはずなのに口をずっと開けたままにする

ボケ14:じゃあ「んんんん」にする

    • ネタ終了--


分析:
出だしの名前の紹介の部分が、ネタ本体のフリにも使われていた。話しの内容は「畠中という名前を改名したい」を核として展開している。ネタ出だしでは小さい声での静かな入りから、笑いのポイントとなる部分では大きめの声を使ったりと、話しに強弱があり、上手な漫才であった。また、後半にかけて盛り上がっていたところも上手な漫才の特徴である。「ザコ寿司、ボケ乳首、“ま”のセキュリティ」など、特徴的なワードもいくつか飛び出し、観客の注目を得た。全体としては、改名ネタに多くの要素を入れ面白い漫才を成立させた。


会場の
大きい笑いの回数:14
中の笑いの回数:11
小さい笑いの回数:10
笑いの量合計:4
最大瞬間風速:伊藤と「ひてぃにき」にしたはずなのに口をずっと開けたままにする
声の大きさ:3
M1審査員の点数:642


M1決勝ネタ分析「マヂカルラブリー」(1本目)

 

先日のM1決勝の全ネタ分析の続きです。
今回は、マヂカルラブリー1本目のネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、マヂカルラブリー1本目のネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


マヂカルラブリー

漫才スタイル:フレンチマナー漫才

出だし
どうしても笑わせたい人がいる男です。

--ネタ開始--

フリ:高級フレンチに行くことになった。でもマナーを知らないから教えてほしい。

(フレンチレストランのマナー説明)+ 食事終了時のマナーの認識

(シミュレーション開始)

ボケ1:

震えて動く謎の動きから入店
→シェフを指さして探す動き
→シェフの心臓らしきものを手に持ち数秒経った後に潰す
+マナーどおりの”終わり”

ボケ2:

木を切る
→木でドアを思いっきりどつく
→シェフを探す動き
+丸太をマナーどおり置いて”終わり”

ボケ3:

静かな入り
→静かな入店
→静かにシェフを探す動き
→静かにシェフの心臓らしきものを手に持ち潰す
+マナーどおりの”終わり”

ボケ4:

方陣を描く
→指を噛み血を垂らす
→デーモンのような「でもん」を召喚
→でもんがフレンチを求める
→俺ん家に到着(わかりやすく小ボケる)
→「でもん」と言いながら間違っちゃったという顔をする
+(数秒を間を置き)マナーどおりの”終わり”

--ネタ終了--


分析:
全体としては、意外性が大いにあるボケにダイナミックな動きを入れ爆笑をさらった。
まず出だしでは、2017年M1決勝の上沼恵美子さんとのやりとりをフリとした、野田クリスタルの「どうしても笑わせたい人がいる男です。」というボケをつかみとしてネタに入った。そもそもネタの出だし以前に、せり上がりの登場シーンから上沼恵美子さんを意識した正座ポーズから入って来たところが、もう既に物語性のあるボケとなっていた。
ネタ本体では、まずフリとして、村上が高級フレンチレストランでのマナーの説明を行い、野田がそれを理解する事から入った。
「じゃあちょっとシミュレーションしてみる」という合図から、一気に大きく震えながら入店シーンをシミュレーションし始めたことにより、高級フレンチという品格のあるシーンから、いきなりとてもほど遠い動きをし始めたため、その温度差も大きく、出だしから大爆笑という展開となった。
また、このボケが際立っていた際に、このおかしい動きに対する「違うよ」というツッコミを連続で発していたことも、この時の大爆笑をさらに引き立てるものであった。
マナーの“食べ終わり”の食器の揃え方を、ふざけたボケの“終わり”に揃えたところが、それぞれのボケに統一感があり面白かった。
後半尻すぼみという点はあっただろうが、出だしのインパクトがとても強く、「面白かった」という印象が強く残る漫才であった。


会場の
大きい笑いの回数:18
中の笑いの回数:15
小さい笑いの回数:3
笑いの量合計:5
最大瞬間風速:ボケ1の一連の流れ
声の大きさ:4
M1審査員の点数:649

 

 

M1決勝ネタ分析「おいでやすこが」(1本目)

 

 

先日のM1決勝の全ネタ分析の続きです。
今回は、おいでやすこが1本目のネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、おいでやすこが1本目のネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


おいでやすこが

漫才スタイル:替え歌漫才

出だし
先日僕たち、寝て起きたら漫才しか残っていませんでしたというつかみ

--ネタ開始--

フリ:俺、カラオケで盛り上がらない時があるからちょっと聞いて。

歌ボケ1:アルコール除菌消毒手洗いリメンバー (童話の替え歌)

歌ボケ2:見つめ合ーう時はビューティフルデイ 決まってビュティーフルデイ (TSUNAMIの替え歌)

歌ボケ3:あの日のかなー、それともその日のやつかなー (LEMONの替え歌)

強烈なツッコミ1 

歌ボケ4:(世界に一つだけのイントロ)+墓石を荒らすならず者たちー

強烈なツッコミ2 

歌ボケ5:(謎のイントロ)+曜日を扱った謎の歌 (謎の替え歌)

強烈なツッコミ3 

歌ボケ6:笑顔咲く~ +(謎の替え歌)+ さくらんぼー(さくらんぼの替え歌)

強烈なツッコミ4 

歌ボケ7:もう終わりだねー 君が小さく見えるー (さよならを替え歌しない)

強烈なツッコミ5 

歌ボケ8:どっちなのかなー 東のかな それとも西のかな (西野カナの替え歌をしない) + はじめの歌ボケ3の続き

普通のツッコミ

--ネタ終了--


分析:
まず出だしでは、芸歴制限が出来たことによりR1グランプリに出場できなくなったというつかみで、会場のお客さんの関心を引きつけた。ネタでは、歌ネタというリラックスして聞きやすく、笑いを誘いやすいネタで勝負しており、ボケは国民的ヒット曲を題材にそこから変化させるというボケで、わかりやすく笑いやすいネタで統一してあった。歌ボケの最中ではコミカルな動きも、笑いを誘いやすい要因であった。また、このボケに対するツッコミの観点としては、大声による強烈なツッコミにより、ツッコミで観客の気持ちを代弁するだけでなく、大声で強烈にツッコむことで、会場の空気を盛り上げつつ、観客の笑いをより引き上げる効果があったと考えられる。会場の雰囲気とネタや強烈なツッコミが上手くかみ合い、大爆笑となったのだろう。


会場の
大きい笑いの回数:19
中の笑いの回数:13
小さい笑いの回数:3
笑いの量合計:5
最大瞬間風速:さくらんぼの替え歌後のツッコミ
声の大きさ:5
M1審査員の点数:658

 

 

おわらい

M1決勝ネタ分析「見取り図」(1本目)

 

先日のM1決勝の全ネタ分析の続きです。
今回は、見取り図の1本目ネタについてです。

この文章は、YouTubeに上がっている先日のM1の漫才の映像を見ながら読むと、よく理解できるようになっています。それでは、見取り図の1本目ネタの台本構成要素をボケを中心に列挙し、分析してみます。


見取り図

漫才スタイル:マネージャー漫才

出だし
あいさつ

--ネタ開始--

フリ:コンビの芸人でも売れたら一人一人にマネージャーが付くことに憧れている。

フリ:挨拶練習

ボケ1:無意識でやってしまいました。①(伏線)

ボケ2:ナンチャンのスケジュール

(シーン:食レポ

ボケ3:うまいねたこ焼き→やっちゃえ日産

マネージャーとタレントの押し合い①

ボケ4:押し返し

(シーン:ポスター撮影)

ボケ5:髪の毛をつかんでさらし首

(シーン:ポスター撮影前のマネージャーの名刺交換)

ボケ6:自民党の人への挨拶、自民党のポスター撮影という気づき

ボケ7:エミネム

(シーン:ポスター撮影本番)

ボケ8:罵詈雑言

マネージャーとタレントの押し合い②

ボケ9:撫でてなだめる

ボケ10:赤外線をくぐる。

(シーン:トーク番組)

ボケ11:動画撮るダマシ

ボケ12:歩いて移動

ボケ13:大御所鶴瓶へドアどんどん

ボケ14:無意識でやってしまいました。② 

マネージャーとタレントの押し合い③

ボケ15:足元をたたく

ドンキーコングかなんかですかというツッコミ 

--ネタ終了--


分析:
マネージャーの行動という題材中にうまく多くのボケを入れており、4分という時間の中でシーン展開もいくつかあり、小さい物語のような漫才であった。また、前組のニューヨークなどのしゃべくり漫才とは違く、この漫才の中で動きも多く取り入れてあったため、ダイナミックでわかりやすく、大きな笑いを呼びやすいものであっただろう。言葉のボケだけでなく動きのボケも意外性のあるものが多く面白かった。


会場の
大きい笑いの回数:15
中の笑いの回数:15
小さい笑いの回数:5
笑いの量合計:5
最大瞬間風速:無意識でやってしまいました。②
声の大きさ:3
M1審査員の点数:648